No Ofuro No Life

Google translation of this blog is not accurate and is for entertainment purposes only

[バンコク] 激辛ラオス料理をバンコクで食べる

f:id:noofuronolife:20190327111148j:image

最近気になっていたトンローSoi11にある Funky Lam Kitchenに行ってきました。

お店の内装がその名のとおりファンキーで、おしゃれなお店です。

客層はファランとおしゃれタイ人と、タイ人同士なのに英語で話す若者という感じ。

 

まずはラオビールで。唐辛子のカリカリ揚げなおつまみがついてきました。

f:id:noofuronolife:20190327111302j:image

今回は以下を注文。

  • ソーセージ
  • 魚のラープ
  • バナナの花のフリッター
  • ハマグリと豚肉ボールのスープ (ホイ・サイ・ウア)

f:id:noofuronolife:20190327111045j:plain


ソーセージはうまし!ルービーぐびぐび止まらず。

魚のラープはもうちょい味が濃くてもよかったかもなー。やはり私はラープは豚が一番好き。でもお店的にはダックのラープがイチオシみたいです。

バナナの花のフリッターはレッドカレーベースの甘辛ソースで、普通においしい。

 f:id:noofuronolife:20190327111057j:plain

そして今回やられたのが、ハマグリと豚肉ボールがはいったスープ!

激辛でどうしようもないのだけど、止まらない系。それに麺を追加してつけ麺して食べつくしました。

 f:id:noofuronolife:20190327111128j:plain

 ラオス料理の本場ものは食べたことがないのでこれらが本場ものかどうかというジャッジはできませんでしたが。また行きたいです。

あまりにもヒーヒー言ってる私を見てお店の人が牛乳を出してくれました。やさしい。

次回からは先に牛乳のんで行こう。

最後はこんな状態でしたけど、お店の中はクーラーがんがんなので女性はストールなど持参がよいです。